霊園における使用規定は厳守する

墓石の指定についてですが民営霊園につきましては墓石を買うこととなる石材店が指定されていることがあります。
そして多くの場合には、使用権を相続人以外の第三者に譲渡させることが規約により制限されていることがあるのでご注意ください。遺骨の制限として、ほとんどの墓地では使用者の親族以外の使用をすることは出来ません。
将来的に第三者の遺骨を埋葬することになるケースには、合祀することが出来るかどうかを確認した方が良いでしょう。使用者の資格について霊園選びの際に注意をしておかなければいけないことがあります。
宗派や居住地域に制限が決められていたり、お墓の継承者がある時のみなど限られていることがあります。 もしこれから霊園を探そうと考えているのでしたら、霊園の種類について理解をしておくようにしてください。
自治体や民間など霊園によって管理者が異なっていますので、そのメリットやデメリットについても勉強しておきましょう。



霊園における使用規定は厳守するブログ:22-08-14

ぼくのお母さんの実家は伊豆の修善寺にある旅館で、
幼い頃遊びに行くと、
板前さんが家族のために作ってくれる料理を食べさせてくれました。

おいしくて見栄えもキレイに作られたそのまかないのご飯は、
ぼくにとって特別なものでした。
いつも楽しみで、強い憧れのようなものを抱いていました。

我が家は、至って普通のサラリーマン家庭。
お母さんは食べることは一流でも、腕はそこそこ。
どちらかというと料理よりも洋裁が好きで、
1日中ミシンがけをしていることもありました。

でも、シチューやコロッケといった
当時で言えばハイカラなものが好きだった親父のために、
料理教室で習ってきては、一生懸命作ってくれたものです。

決して豊かではない時代に
ぼくは「普通のものを普通に」食べさせてもらったと思っています。

お母さんの愛情がこもった料理と、
祖母の家で食べる特別な料理…
どちらも大切な味の記憶です。

お母さんが作ってくれる料理で大好きだったのが
「なまり節と茄子の焚き合わせ」。

なまり節と茄子を適当に切って、
醤油と生姜で甘辛く焚いたものですが、
これがとびきりごはんに合うんですよね!

最近はなまり節もあまり店頭で見かけなくなり、
ぼくとしてはとても残念です。

もう一つ好きだったものは「おせち料理」。

食べるのはもちろん、
ぼくは作るのを手伝うのが好きでした。

キントンや錦卵を裏ごししたり、豆を煮たりという工程が大好きで、
大晦日も紅白歌合戦を見ながらせっせと手伝うのが常でした。

ぬかみそを混ぜたり、
白菜漬けを手伝ったりするのも好きでしたから、
お母さんもラッキーだったと思います。

お母さんはぼくが料理をしたがると、
台所を解放してくれて、
好きなだけ自由に作らせてくれました。