品質が良く美しい国産の石

国産の石というのは耐久性が比較的高く、見た目の美しさが長期間継続するということで注目されています。
このことから一概に、とある国の石は素晴らしくて、また別の国は劣化しているワケでは無いのです。墓石に使用する外国産の石は中国やインド、南アフリカ、ヨーロッパなどといった100種類以上の石があります。
これら石によって性質や特徴が異なっていますので「中国産の石は品質が良くない」といったような情報は間違えとなります。国産の石と外国産の石についてですが、実際のところ国産の石の全てが良い品質となっており、外国産の石が全て劣っている品質となることはありません。
国産の石だけにとったとしましても50種類以上の石があり、さらに外国産も数多くの産地が存在しています。 日本全国に数多くの霊園が存在しますが、当たり前のことですがどこを選んでも良いというワケではありません。
立地条件や宗教などなど自分達の状況に見合った霊園選びをしなければいけないのです。



品質が良く美しい国産の石ブログ:23-02-01

基本的言語体系というのは、
一人の人間によって宿されるものである。

それは母以外にはいない。

幼い時に母からしっかりと育てられると、
基本的言語体系がしっかりと頭の中に入ってくるので、
非常に高度な思考や豊かな会話をすることが可能になる。

それに対して幼い時に母を失ってしまうと、
基本的言語体系がしっかりと頭の中に入っていないので、
人の言っていることがよく解らないのである。

我がお子さんの頭を良くしたいからと
早期教育を施そうとしたり、偏差値の高い私立校に入れたりしようとするが、
そういうことはあくまでも技術的なことであって、
知能の発達の基本となるのは、
あくまでも母との関係の中に存在している。

なので
我がお子さんに基本的言語体系がしっかりと頭の中に入るまでは、
母は我がお子さんを絶対に手放してはならないのだ。

言葉を覚えるのは、
2歳か3歳頃までには出来るが、
自分の意思表示をしっかりとし、
相手の意見をきちんと汲み取ることができるようになるまでは、
やはり12歳辺りまでかかるものである。

乳幼児がちゃんとした言葉を覚える量は、
教えた人の愛情量に比例する。

赤ちゃんに最も言葉を覚えさせることができるのは、
母こそが筆頭である。

母こそが我がお子さんに
最も多くの愛情を持っているがゆえに、
我がお子さんは母の言葉を中心に覚えていく…

お父さんはその家の家長ではあっても、
赤ちゃんが言葉を覚える作業では、母に次ぐ存在であって、
どうやっても母に並ぶことはできないし、
母を凌駕することもできないのである。