寺院が霊園を管理している場合のメリット

最近におきましては、石のお墓だけではなく、納骨堂も増加してきています。
従来は遺骨を墓地に埋葬するまでの間一時的な保管場所として利用をされてきたのですが、現在におきましてはお墓としての機能もあるのです。寺院の住職の人柄についても、長く信頼をしてお付き合いすることが出来るかどうか考慮に入れておく必要があります。
メリットはお墓が境内に設置されていますので法要を本堂で営むことが出来ますし、何よりも頼めばいつでも僧侶が読経して供養してくれるという点です。多くの場合にはお寺の境内に設置されていて、寺院が管理をしている墓地となります。
寺院墓地のお墓ではお寺の檀家になることが条件とされている場合が多くなっていますので、まずはお寺の住職にお寺の行事やお付き合いなどを知っておきましょう。 一般的な霊園というのは、様々な決まり事があり、それら使用規定は必ず守らなければいけません。
特に宗教や宗派は最も大切なことであり、霊園と異なった他の宗派の人は使用をすることが出来ないのです。



寺院が霊園を管理している場合のメリットブログ:23-01-18

シェイプアップをして体重を落としたとしても、
肉体のエネルギー代謝が悪いままだと、
また以前と同じ体型に戻ってしまうということも…

エネルギー代謝を高める方法の一つに、
肉体を温める働きを持つ食材を
積極的に食べるという方法があります。

食材には、
肉体を冷やす食材と肉体を温める食材があります。

例えば…
冬に豚汁を飲むと肉体が温まりますよね。
温かいものを食べたということもありますが、
北の方で取れる食材や、冬に取れる食材は
肉体を温める働きのあるものが多いんです。

北の方は寒いので、
肉体が温まるものを取り入れるということは
自然な成り行きです。

反対に、夏の暑い時期や南国では、
暑い肉体を冷やすために、
冷たい食べ物を多く食べるということになりますので、
食材もそうしたものが多いのです。

まとめてみると…
・北の方や寒い季節に取れるものには肉体を温める食材が多い
・南の方や暑い季節に取れるものには肉体を冷やす食材が多い
…ということになります。

次に見た目ですが、
見た目が温かそうなものが肉体を温める傾向があり、
冷たそうな色に見えるものは肉体を冷やす傾向があります。

白砂糖や大根、白菜、なしのように白い食材は
肉体を冷やすものが多いですが、
にんじんやかぼちゃのように温かい色は、肉体を温めることが多いです。

こうした見分け方はあくまでも一例ですので、
全ての食材に当てはまるとは限りません。
にんにくは夏にできて色も白いですが、肉体を温める食材ですし、
にんじんやカボチャは夏にできますが、肉体を温めますよ。